FC2ブログ

ある日のモントリオール日記

モントリオールのこと、日常生活のことなど写真で綴るブログ




朝の目覚めは・・・ :: 2018/07/29(Sun)

夏場はいつも窓を開けっ放しにしているので鳥やリス、蝉の鳴き声や
どこからか漂ってくる誰かの話し声などが聞こえてきたりします。

ある朝のこと、6時少し前にふと目が覚めました。

何か聞こえる・・・
寝ぼけた頭で考えること数秒
それは「ゴッドファーザー愛のテーマ」でした。


2016etc02.jpg


大物になった気分で目覚めた朝。
・・・って、うるさいわー!!(笑)

目覚まし代わりに曲をセットしておいたんでしょうけれど、その大音量には辟易しました。
というか、なぜこの曲なの?


2016etc02-2.jpg


それにその後延々と1時間も繰り返し流れ続けていたので、この曲が耳にこびり付いてしまい
頭の中ではアル・カポネらしきおっさんが渋い顔でソファに座っている姿が一日中浮かんでいたという。
暑い日には思い浮かべたくないイメージでした (´・ω・`) (笑)


2016etc02-3.jpg


音楽は向かい側にあるアパートメント・ビルディングの一室から流れてきていて
その住人はこちらに向いているベランダ側の窓を開け放して音楽を聴いていたのでした。
うまい具合に音が建物に反響してステレオ効果も抜群。

向かいのビルに住んでいる私たちの耳にもうるさいと感じられるほどの音量だったので
その住人の隣や上下に住んでいた人たちはさぞかし大変だったことでしょう。

が、ある日突然、ぱたりと音が止みました。


2016etc02-4.jpg


ほとんど毎日のように大音量で曲を流していたので、誰かが文句を言ったのか。
私が聞いた「ゴッドファーザー愛のテーマ」から3週間後ぐらいにそこの住人は引っ越していきました。
さよーならー。

と、これは実は去年のお話。
これでようやく静かに・・・と、思っていたのも束の間
その後も色々と悩みの種は尽きないのでしたヽ( ̄▽ ̄)ノ(笑)

ご訪問くださり、どうもありがとうございます♪

  1. 日常




W杯決勝戦のこと :: 2018/07/16(Mon)

2018年のワールドカップ優勝国はフランスでしたね。
夫は初めから終わりまでテレビに嚙り付いて観ていました。
私はというと、ハラハラしながら90分も過ごせそうもなかったので
最後の方だけ観ることにして、隣の部屋で写真の整理をしていたという。


2018France19.jpg


が、時折聞こえてくる夫の「あぁぁぁ・・・」という声や
パチパチというしょぼい拍手の音などから、試合の様子は絶えず耳に入ってきていました(笑)


2018France19-2.jpg


途中気になったので、リビングに様子を見に行ったらすごい形相の夫の姿が。
「そんなに真剣に見てると血圧上がるからもう少し落ち着いて」と、言ったら
「見ろよこのプレー、落ち着いてなんていられないよ」という夫の顔は真っ赤で
血管が切れるんじゃないかと、試合の勝敗より夫の体調の方が気になりました(笑)


2018France19-3.jpg


が、何を言っても聞く耳持たず状態で
試合が終わらない限り夫の血圧の上昇はとまらなさそうだったので私は再び隣の部屋へ。
そうこうしているうちに、前半が終わりいつの間にか後半に突入していました。

そして、リビングから「もうすぐ終わるよ~」と、夫の声。
「あと何分~?」と、聞いたら、「あと10秒」
「え!?」と、駆けつけた時にちょうど試合終了ー。
ほとんど観ずに終わっちゃった(笑)


2018France19-4.jpg


観終わって夫はぐったり。
何もそんなに力んで観なくても・・・。
とはいえ、私も日本戦の時はかなり興奮して観てましたけど(笑)

夫は試合終了後もネットでシャンゼリゼ大通りの様子などをチェックしたりしていました。
普段は個人主義のフランス人ですが、ここぞという時の一致団結のパワーはすごいものがあります。
私もフランスが優勝して嬉しかったです。
Félicitations!


2018France19-5.jpg

因みに写真は本文とは関係ないです。
あ、一応フランスで写したものなので少しは関係あるかな(笑)
あと、4枚目のポスターの男性は若き日のアラン・ドロンです。
ハンサムだったなぁ・・・(〃▽〃)♡

ご訪問くださり、どうもありがとうございます♪

  1. 日常




FEVER :: 2018/07/12(Thu)

最近、読みたい本を探し出す根気がないせいか面白い本に出会えていませんでした。
でも、本が読みたくて久しぶりに図書館であれこれ見ていたらピンっとくる一冊を発見!


2018etc14.jpg


手に取ってパラパラとページを開いていたら、「それ面白いよ」という声が・・・
声のする方を向いたら恰幅のよいおじさんが私の手にしている本を指差していました(笑)

気にもなっていたし、せっかく薦めていただいたのでこの本はキープ決定。
その後も再びふらふらと本棚の間を彷徨い歩くも
他には見つかりそうもなかったので結局この1冊だけ借りることにしました。

貸出を済ませ、図書館を出る前にソファに座っていたおじさんに
「これ借りました~」と、本を振って見せると「Enjoy!」と笑顔を返してくれました。


2018etc14-2.jpg


病気により人類が絶滅寸前になった世界で生き残った人々がどのように生き抜いていくか・・・
というサバイバル系だと思って読み始めたのですが、読み進めていくうちにあれ?なんか違う??
改めてあらすじを読んだら、意外や意外のミステリ系でした。
先入観を持って読んじゃダメですね(笑)


2018etc14-3.jpg


作家は南アフリカ人、舞台も南アフリカだったので地名も地理もよくわからなかったのが少々残念・・・
と、思っていたら読み終わった後に地図が載っていたのを発見したという。
本当こういう時大雑把な性格が災いするわー(笑)

でも、淡々とした文章を読み進めて行くうちに物語の世界にぐいぐい引き込まれ
そうくるのか!という驚きもあったりで、大いに楽しめた一冊でした。
満足、満足 (〃▽〃)


本の写真だけではなんなので・・・
2018etc14-4.jpg
花と


2018etc14-5.jpg
ハチも^^

ご訪問くださり、どうもありがとうございます♪

  1. 日常




食料品店にて :: 2018/02/22(Thu)

ある日、いつも行く韓国系の食料品店にお気に入りの「にゃっとう」を買いに行ったのですが
納豆売り場に行き探せど探せど見つからず・・・売り切れでした ( ̄▽ ̄;)!!ガーン


2018VieuxMetP5-2.jpg


頭の中は「にゃっとう」で一杯だったので、諦めきれずに違う店に探しに行きました。
ありましたよ!見つけました「にゃっとう」
でも、3つしかなくて・・・当然、全部買い占めです。


2018VieuxMetP5-3a.jpg


レジのカウンターに「にゃっとう」を持って行き、会計を済ませると
お店のおばちゃんに 「You bag」と愛想のない顔で言われました。
咄嗟に「No, thank you.」と、返したもののよく考えてみたら
私、袋じゃないし・・・(笑)


2018VieuxMetP5-4.jpg


「You need a bag? (袋は要るかい?)」の短い文を端折るとは、やるなおばちゃん。
それなら「bag?」だけでもいいんじゃないの?などと思いつつお店を後にしたのでした。
なんて言おうと伝わればOKヽ( ̄▽ ̄)ノ(笑)


☆おまけ☆
2018VieuxMetP5-5.jpg
旧市街にいつの間にか新しいお店が出来ていました


2018VieuxMetP5-6.jpg

アンティークショップのような、そうでないような・・・
色々なものが飾られていてなんだか面白そうなお店だったのですが
一人で入る勇気がなくて断念(結構小心者なんです、笑)
今度夫と一緒に覗いてみようと思っています^^

ご訪問くださり、どうもありがとうございます♪

  1. 日常




聞こえてきたのは・・・ :: 2018/01/24(Wed)

毎冬、アパート内はヒーターが効きすぎて暑いほどなので
いつも窓を少しだけ開けて温度調節をしています。

窓の外からはどこかのアパートで飼われている犬の鳴き声とか
走り抜けてけていく消防車のたたましいサイレンや風のビューっという唸り声
たまに近くの教会が鳴らす鐘の音などが聞こえてきたりします。


2018etc2.jpg


そして、この日はどこからかガリガリガリ、ゴリゴリゴリ・・・という音が聞こえてきて
その後に「あぁぁぁぁぁーーーっ!」という叫び声。
そして、またガリガリガリ、ゴリゴリゴリ・・・
「うおぉぉぉーーーっ!」(笑)

ガリガリガリガリガリガリガリ、ゴリゴリゴリゴリゴリゴゴリゴリ・・・・・・


2018etc2-2.jpg


窓からひょいっと顔を出して見たら、大きなスクレーパーを使って
凍結したフロントガラスと必死に戦っている人がいました。

前の晩に降っていた雪が雨に変わり、朝方には寒さで辺り一面凍結した日だったので
駐車してあった車も大変なことになっていたんだと思います。


2018etc2-3.jpg


そういう訳で少しの間、ガリゴリ音と車の持ち主の絶望的な叫び声をバックグラウンドに本を読むはめに。
ガリガリガリガリガリガリガリ、ゴリゴリゴリゴリゴリゴゴリゴリ「うおぉぉぉーーーっ!」・・・・・・

が、気が散るあまり同じところを何度も読んで全然進まなーい!(笑)
でも、少ししたらシーンと静かになったので無事車を出せたようです
これにて一件落着^^


2018etc2-4.jpg


全然関係ないですが・・・昔、実家にアイヌの木彫りのクマが飾ってありました。
そして、ここカナダでもクマの置物発見!
イヌイットアートの大理石でできたシロクマです。
こちらのクマもやっぱり魚をくわえていました ( ̄^ ̄)ゞ(笑)

ご訪問くださり、どうもありがとうございます♪

  1. 日常



次のページ