FC2ブログ

ある日のモントリオール日記

モントリオールのこと、日常生活のことなど写真で綴るブログ




ツルゲーThe音楽家 :: 2012/06/21(Thu)
モントリオールの地下鉄の駅には、こんなマークがある。
             ↓
subway2.jpg


このマークのあるところでは、表示されている時間内なら
音楽の演奏やパフォーマンスOK。

バイオリンのつややかな音が聞こえてくる日もあれば、
スタンダードなギターの弾き語りの日もある。

ある駅では、宗教関係の人が座り込んで、チャカポコしていたり、
またある駅では、短パンを穿いたおっちゃんがうまくもない縦笛を吹いている。


musicienne.jpg



そんな中でも、ひと際個性的な光を放つのが、「チェロ弾きのツルゲー」
ロシア人のおじいちゃんなんだけど、本当の名前は知らない。

ロシア人の名前で真っ先に頭に浮かんだのがツルゲーネフ。
音楽家じゃなくて作家の名前だけど、縮めて「ツルゲー」と勝手に呼んでいるだけ。

名前はさておき・・・

このツルゲー、チェロを抱え白髪頭を振り乱し、ぐぐっと睨みを利かせている様子から
年季の入った音楽家か!?と一瞬思ってしまうのだが、
実は、弓をブンブン振り回しながら、ロシア語で何かわめいているだけ。

これまでに何度も見かけているけど、ただの一度もツルゲーが
チェロを弾いているところを見たこともないし、何を言っているのか理解したこともない。

でも、ある日・・・
友達のターニャ(ウクライナ人)と一緒にツルゲーが出没する駅に降りた時のこと。
案の定、ツルゲーはお決まりの場所にいて、わめきながら弓をブンブン振り回していた。
そこへ、男性が通りかかりロシア語でツルゲーに何か言った。

後でターニャが笑いながら教えてくれた2人の会話。

ツルゲー: 「通るんなら金置いてけーーー」 ←山賊かよ
男性:(苦笑しつつ) 「金が欲しいんなら、ちゃんと演奏しろョ~」

ロシアン漫才?

チェロを弾かないのもパフォーマンスの一部?
てか、もしかしてチェロ弾けないとか・・・
やれやれ憎めないおじいちゃんだよ。

でも、あんなにちょこちょこ見かけていたのに、
ここのとことろぱったりと姿を見せなくなった。

どうしたのかな・・・?

違う駅に行ったのか。
チェロを運ぶのが辛くなったのか。
違うパフォーマンスを考えついたのか。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団で演奏してたりして・・・

何はともあれずっと元気でいてください。



  1. 日常
  2. | trackback:1
  3. | comment:0