FC2ブログ

ある日のモントリオール日記

モントリオールのこと、日常生活のことなど写真で綴るブログ




守 - しゅ - :: 2013/12/16(Mon)

7lautre endroit8-10




7lautre endroit8-5




7lautre endroit8-6




7lautre endroit8-7




7lautre endroit8-8




7lautre endroit8-9



-------------------------------------------------------------------------------------------
                                       L'Oratoire Saint-Joseph

まだ雪が降る前のある日、散歩をしようと出かけました。

ところが意気揚々と出かけたのも束の間

外は身を切るような冷たい風がビュービューと吹き荒れていて

5分も歩かないうちに、これは駄目だ・・・と及び腰になる始末。

そんなところへタイミング良くバスが来たので、ありがたいとばかりに飛び乗りました。

バスに乗りながら、さてどこに行こうかなと行き先を考えて

思いついたのが聖ジョゼフ礼拝堂でした。

建物の中なら凍えずに済みます。

バスを降り、相変らずの冷たい風に身を縮めながら正面にある階段を上り

ようやく建物に入った時の安堵感といったらなかったです。

灯されているキャンドルからはあたたかさをもらい

守られているのを感じつつ、久しぶりに礼拝堂の中をゆっくり歩きました。



  1. 教会・礼拝堂・墓地、他
  2. | trackback:0
  3. | comment:14



<<今冬も来ました | top | 食糧事情>>


comment

切り取りも構図もとてもいいバランスだと思います。
2枚目のローアングルにした構図、光を意識した4枚目、人物を入れた5枚目など素晴らしいです。
6枚目、私だと間違いなく横位置で撮ってしまいそうですが、縦位置にされたところにMikaさんの感性を感じます。
作品ごとに着実にステップアップされているのを感じます。
  1. 2013/12/16(Mon) 06:33:42 |
  2. URL |
  3. はせがわ #TSB56Rmw
  4. [ 編集 ]

Mikaさん、お早うございます!

ピンクのキャンドルがずらりと並んで、暖かそうですね。
寒い戸外から入って、ほっとしたことでしょう。
神の救いを感じましたか?

聖ジョゼフ礼拝堂は比較的新しいのでしょうか?
ステンドグラスの図像が古めかしくなさそうなので・・・

最後から2枚目の男性、絵になっていますね!
左右と上の舞台装置もいいし、
やや半身で、ちょっと反った後姿見とれます。
ここも礼拝堂の中なのですね。
  1. 2013/12/16(Mon) 08:28:34 |
  2. URL |
  3. capucino #ksvI4Nok
  4. [ 編集 ]

はせがわさんへ

はせがわさん、こんにちは♪

私にはもったいないお言葉を沢山いただきました、ありがとうございます♪
2枚目は、あーでもないこーでもないと考えた末に撮った一枚です。
這いつくばった甲斐がありました(^^)v
4枚目と5枚目、どちらも気に入っているので、お言葉とても嬉しかったです。
ステップアップできているとしたら、それは適切なアドバイスや
励みになるコメントをはせがわさんがくださっているからです。
学ぶ速度は相変らず遅々としていますが、これからもよろしくお願いします(^^)

6枚目は縦と横と両方撮って、どちらにしようか悩んだのですが
やっぱり縦位置に軍配が上がりました♪
はせがわさんのお写真は横位置が多い感じのように思いますが
先日のお写真は縦位置ばかりだったので
珍しいなぁ、とちょっとびっくりました。
いつもと少し違う感じのするお写真を拝見するのもよいものですね。
なんとな~く、はせがわさんの別の一面を見たような気になりました♪(笑)

コメントありがとうございます♪
  1. 2013/12/16(Mon) 11:27:52 |
  2. URL |
  3. Mika #GmSQBN1s
  4. [ 編集 ]

capucinoさんへ

capucinoさん、こんにちは♪

ここの場所に行くと、いつも沢山のキャンドルが灯されていて
とても暖かいんですよ(夏は暑いです、笑)
神様もそうですが、キャンドルを灯してくださった方々にお礼が言いたかったです♪

聖ジョゼフ礼拝堂はcapucinoさんが思われたように新しいです。
ステンドグラスから推測されるとはさすがにcapucinoさんですね(^^)
1904年にアンドレ修道士が建てたのですが、その時は小さな礼拝所でした。
その後、彼の精神と熱意が人々を動かし、小さな礼拝所は大聖堂になったそうです。
中は改修工事でエスカレーターなどの取り付けもされています。

最後から2枚目も礼拝堂の中です。
この男性、ここの場所でずーっと長い間景色を見ていらっしゃいました。
その姿がとても印象的でした。
窓のすぐ外側は展望台になっているのですが
さすがにこの日は外に出ている人はあまりいませんでした。
そして写真の手前右側は、実はお土産物屋さんがあるのです(^^)b

コメントありがとうございます♪
  1. 2013/12/16(Mon) 11:52:50 |
  2. URL |
  3. Mika #GmSQBN1s
  4. [ 編集 ]

キャンドルの知恵~♪

 神聖な祈りの場所…どっしりとしていて爽やかな空気感が漂いますね…キャンドルのシステムが考えられて…光は必要・危険は不要・厳かは欲しいからのアイディアですね…人の知恵が見える場所って楽しい♪
  1. 2013/12/16(Mon) 19:14:08 |
  2. URL |
  3. ひでわく #oyUv4a/.
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
教会の中は厳粛な気持ちになりますね。
キャンドルとステンドグラスから差す光に暖かみを感じます。
最後の写真いいですね。
十字架の先に浮かぶ雲の光景が気に入りました。
  1. 2013/12/17(Tue) 00:36:29 |
  2. URL |
  3. masa #-
  4. [ 編集 ]

おお、キャンドルがピンクっぽいホルダーに入れられている。スペインはすべてオレンジ色でした。ステンドグラスのデザインといい、随所に権威にとらわれない斬新さを感じます。
正直に言うと、一瞬新しい禅道場かと思ってしまいました。考えたら、以前にMikaさんが紹介されていた礼拝所なんですよね。

モントリオールの守護聖人はヨゼフでしたか。我が家の男性のクリスチャンネームはすべてヨゼフです。ですから何となく親近感が湧いてきます。井上ひさしは寿限無のような長大なクリスチャンネームを付けようと考えたようですが、『君がいつでもスラスラいえるなら、それでもいいよ』といわれ、あきらめたようです。こちらは絶対に忘れないクリスチャンネームです。忘れるようだったら、人間廃業の時かもしれません。
  1. 2013/12/17(Tue) 01:00:24 |
  2. URL |
  3. AzTak #ba33.0Zs
  4. [ 編集 ]

なんて可愛いキャンドルなんでしょう!
ステンドグラスもとても可愛くて、
厳粛なというよりアットホームな感じですね。
窓の外をみる男性、かなりのイケメンそうです。
いいなぁ~♪
構図も決まって撮ってもらってありがとう!って
言われそうですね。
  1. 2013/12/17(Tue) 08:23:15 |
  2. URL |
  3. aunt carrot #Hzu7QKvo
  4. [ 編集 ]

ひでわくさんへ

ひでわくさん、おはようございます♪

教会、聖堂で見るキャンドルの風景って昔から変らないのでしょうね。
いつ見ても独特の雰囲気を醸し出していて、厳かな気持ちになります。
そんなことを言っていても、ここで暖を取らせてもらおうと考えた
不届き者の私なんですが(^^;(笑)

ひでわくさんがおっしゃる通りここは神聖な場所。
人々が祈りを込めてキャンドルに火を灯す場所なので
そんな方たちの邪魔をしないように片隅で温まらせてもらいました。

信者でなくても、ゆらゆらと揺れる沢山の灯に囲まれていると
ざわつく心も自然と落ち着いてきます。
不思議なものですね(^^)
これもキャンドル効果なのでしょうか・・・
人の昔からの知恵がここに凝縮~ですね♪

コメントありがとうございます♪
  1. 2013/12/17(Tue) 08:31:19 |
  2. URL |
  3. Mika #GmSQBN1s
  4. [ 編集 ]

教会のキャンドルというと、白のイメージがあるのですが
派手なピンクで、ステンドグラスも現代的で
宗教界も固定概念に捉われない改革が進んでいるんですかね?

私はAzTakさんのようにクリスチャンではないですが
子供の頃は、聖書の話を聴く日曜学校に通っていました。
高校時代に初めて聖書を手にし勉強会?に参加し
大学はミッション系でした。
学内にある教会で
週に一度チャペルアワーと言うのが有り
牧師さんの説教やパイプオルガンでの
讃美歌などで安らぎを与えられました。
今でも折に触れ聖書を読んでいます。

そういうことで教会には、特別な思いが有ります。
  1. 2013/12/17(Tue) 08:45:04 |
  2. URL |
  3. 花咲かじいさん #ho/Ag0kU
  4. [ 編集 ]

masaさんへ

masaさん、おはようございます♪

外では、寒い寒いとしか思えなかったのですが
さすがに一歩中に足を踏み入れたら
厳か~に気持ちが切り変りました。
それに、暖かさからか安心感も湧いてきました(^^)

実はこの時、テーマを「光」に決めて
礼拝所内で気になった光や明かりを撮ってみたんです。
なので、masaさんがあたたか味を感じると
おっしゃってくださってとても嬉しかったです。

最後の写真、素晴らしい風景写真を撮られている
masaさんに気に入っていただけたなんて感激です~(^^)/♪

コメントありがとうございます♪
  1. 2013/12/17(Tue) 09:02:55 |
  2. URL |
  3. Mika #GmSQBN1s
  4. [ 編集 ]

AzTakさんへ

AzTakさん、おはようございます♪

スペインの教会ではキャンドルホルダーの色が統一されているのですか!
私はてっきり教会ごとに決めて、それぞれ違う色なのかと思っていました。
スペインは敬虔な信者の国、オレンジ色にも何かきちんとした意味があるのでしょうか。
でも、ピンク色もオレンジ色も温か味を感じる色ですよね♪

禅道場ですか・・・考えもしなかったです(笑)
スペインでも沢山の教会に行かれたAzTakさんだからこそ
ヨーロッパの古い教会とはどこか違う雰囲気を感じ取られたのでしょうね(^^)

寿限無のクリスチャンネームのお話、楽しく読ませていただきました。
作家さんらしいユニークな発想ですね♪

おっしゃる通り、モントリオールの守護聖人はサン・ジョセフです。
門を入ってすぐにキリストを抱くジョセフの像がありますが
ジョセフがキリストの父親の名前だったとは・・・(調べました、笑)
聖母像はよくあるようですが、聖父子像は珍しいみたいですね。
私もAzTakさんのクリスチャンネームをしっかり覚えましたよ~。
これからここの前を通るたびに、AzTakさんのことを思い出しそうです♪

コメントありがとうございます♪
  1. 2013/12/17(Tue) 09:40:02 |
  2. URL |
  3. Mika #GmSQBN1s
  4. [ 編集 ]

aunt carrotさんへ

aunt carrotさん、おはようございます♪

キャンドル、可愛いですよね、それにあたたかいんですよ~♪
祈りを込めて灯されたキャンドルは、人々の思いが伝わってくるようです。
教会のステンドグラスは、重々しい絵柄が多そうですが
ここの物は、モダンというかポップ(!?)という感じもしますね♪

ここは最初小さな礼拝堂だったそうですが
沢山の人々の思いから、今日の大きくて立派な礼拝堂になったそうです。
aunt carrotさんがアットホームな雰囲気を感じられたのは
そのせいかもしれませんね(^^)

イケメンの方、何を考えていたのか、この場所にずっと佇んでいらっしゃいました。
今日の夕飯に何を食べよう・・・とかでしょうか、これは悩みますね。
ん?aunt carrotさんの夢を壊してしまったかな、すいません~(笑)

コメントありがとうございます♪
  1. 2013/12/17(Tue) 10:05:20 |
  2. URL |
  3. Mika #GmSQBN1s
  4. [ 編集 ]

花咲かさんへ

花咲かさん、おはようございます♪

キャンドルの色って意識して見ていませんでしたが
なるほど言われて見ればピンクは珍しいかもしれないですね。
他の教会では、花咲かさんがイメージされたように
白が多かったような気がします。
教会や礼拝堂のあり方も時と共に変っているのかもしれないですね。
それはそれで自然でいいかな、とも思います(^^)

花咲かさんも教会に深い思い入れを持っていらっしゃるのですね。
パイプオルガンや賛美歌を聴かれていらっしゃったことは
お好きなクラシックにも通じるところがありそうですね♪

私もクリスチャンではないですが、たまにこの礼拝堂や
他の教会に行って静かに座って、考え事をしたりする時があります。
一歩中に足を踏み入れるだけで
外とは全く違う雰囲気を感じ取れるところも好きです。
それを安らぎというのでしょうか。

コメントありがとうございます♪
  1. 2013/12/17(Tue) 10:27:28 |
  2. URL |
  3. Mika #GmSQBN1s
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://aruhinomtl.blog.fc2.com/tb.php/433-8cd8801a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)